最低限知っておきたいこと

授業を受ける人

小学生等がいる家庭では、両親が共働きのパターンが増えています。子供がある程度しっかりしていても、子供だけで留守番をさせるのが不安に感じてしまうでしょう。このような場合には、アフタースクールに活用するのも1つの方法です。アフタースクールとは、放課後に子供を預かってくれる施設のことをいいます。いわゆる学童の代わりと考えておけばよいでしょう。このようなところでは、様々な体験をすることができます。基本的には、子供同士の交流を深めることができますがそれだけではありません。例えば、宿題がなかなかできない場合、アフタースクールの方で宿題をしてくれるところもあります。先生も、宿題に関する理解がありますので安心でしょう。

基本的に時間帯バラバラ

授業を受ける人

アフタースクールを利用する場合に理解しておきたいのは、一体何時まで預かってくれる日です。例えば、アフタースクールを利用する多くの家庭は共働きの状態やシングルマザーでしょう。このとき、何時まで預かってくれるかが分からなければ不安になってしまいます。実際に預かってくれる時間が、その時によって変わってくるものです。例えば、ある施設では夕方の7時位まで預かってくれたりします。その間ならば、いつ迎えに行っても問題ありません。学校と異なり、何時までそこにいなければならないという決まりがあるわけではありませんので、その点は自由になるでしょう。場所によっては、9時近くまで預かってくれるところもあります。ただ、それ以降の時間はなかなか預かってくれないでしょう。

金銭的な仕組みを理解する

English

子供をアフタースクールに入れたいと感じている保護者でも、金銭的な仕組みを事前に知っておきたいと考えるものです。共働きをしていて子供はアフタースクールに預ける場合、もし金銭的な負担が大きすぎれば預ける意味がないからです。一般的には、5000円から10,000円の間になります。アフタースクールを行っているところは、企業が行っているところよりもNPO法人やボランティアで行っているようなところが多いでしょう。ボランティアで行っている場合には、費用はタダではないかと想像している人もいるかもしれません。ですが、ボランティアの給料はなくても教材費等のお金がかかるため毎月5000円ぐらいはかかるのが基本です。また、イベントにより費用がかかることもあります。例えば、野外イベントなどが時折行われることもあります。少し離れたところの施設などに遠足に行くような場合です。この場合には別途料金がかかることを理解しておきましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3